2016年03月

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/27(日)21:16:37 ID:???
    毎日新聞ニュースサイトで、兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、大阪府内のある小学校が調査したという
    「4年生男子の将来の夢」を紹介。それによると1位「サッカー選手」、2位「医者」に続き、
    3位に「ユーチューバー」が登場しており、ネットユーザーの間でも話題になっている。

    動画を投稿し、広告収入を得るYouTuberは、年間で1000万円以上稼ぐ人も現れるなど、
    一時大注目された“職業”。簡単な手段ゆえ、誰でもできそうに思われるが、
    それで食べていけるほどの収入を得られる人はごく一部。また浮き沈みも激しそうなことから、
    実際職業にするのは厳しいのではないかという見方をする人は多い。
    しかし一方で、人気の“YouTuberキッズ”も多数存在し、
    子供たちにとってYouTuberが身近で憧れる存在であるのは確か。

    Twitterには、以前よりYouTuberを夢とする小学生がいることが報告されており、

    「小学生の弟が持って帰ってきた『みんなの将来の夢』が書かれたプリントに2人も将来の夢がYoutuberのヤツがいて草」
    「小学生の弟の将来の夢はYoutuberだそうです。とても彼の今後が心配です。」

    などという声があった。

    続き R25
    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20160326-00048410-r25



    【小学生の将来の夢「YouTuber」心配 ・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)13:57:34 ID:Ex1
    要はコマーシャルで稼いでるわけだけど、今の支持層が大学生や大人になっちゃったら面白くないって気付く
    そんで10年後にはまた新たなメディアが生まれてそっちが盛り上がるだろうから新しい支持層が入ってこない
    あとは残りの支持層が飽きるまでの猶予期間しかないんでね?

    【ユーチューバーとかいう職業ってもってあと10年なのかな】の続きを読む

    このページのトップヘ